自分でホームページを作る理由(その10)パーマリンク?

ITサポートセラピストのIKUです。
WordPressの10回目はパーマリンクです。

パーマリンクってなんだ?
普段聞くことがない言葉ですよね。ホームページを
持ってる人もWordPressを運用している人も、あま
り意識しない言葉なのかもしれません。
ほっといても問題のない設定で、そのまま初期設定
で運用を始めてしまいます。

パーマリンクとは、固定ページや投稿ページに付けら
れるリンク(アドレス)名です。
ホームページ本体のURLが
http://almilam7.com/ だとすると
記事を書いた時に付くリンク名(URL)は私の記事の場合
htttp://alnilam7.com/2018/04/03/houjinnari2/
と設定を書き換えています。年月日は自動で入り
その後ろは /IKUの昔話(有限会社編2)事務所!/
ってなります。この部分を/houjinnari2/と設定して
います。

パーマリンクの初期設定はテーマにより変わります。
設定のページで変更できるのですが、最初に変更する
必要があります。

何故かというと、このリンク名(URL)はFaceBook
にリンクしたり他のSNSに出す際に使うからです。
パーマリンクの設定を変更すると過去の記事までリン
ク名(URL)が変更されるので、ほかのSNSに出した
記事はリンク名が変更されたことのでリンクが切れて
しまい表示されなくなります。(リンク切れです)

また、リンクの中に漢字が入ると英文字と記号が混在
したわけのわからない文字列で表示されます。
リンクをクリックしてくださいって書いてある記事の
リンクで長くて記号も入っていて大丈夫かなって
思う事ありませんか?まさしくそれです。

実は私もパーマリンクには重きを置いてない時期があ
り初期設定のまま使っていた事があります。
この時の初期設定には日本語が入らない設定だったの
で、あまり気にしていなかったのです。
http://alnilam7.com/?p=1234
こんな感じでした。ページ番号1234の記事ですって
表記されているわけです。

しかし、グーグルが表明している良いサイトの条件に
は誰が見てもわかるパーマリンクにする方が良いって
書いてます。確かにリンクを見るだけで何の記事なの
か分かれば読者からするとわかりやすいですね。

見落としがちなのにとても重要な要素であるパーマリ
ンクのわかりやすい運用が大事です。

もしパーマリンクを変更する場合は記事を大量に投稿
している方は要注意です。過去記事のリンクが切れる
リスクがある事を理解の上でやってください。
あまりお勧はしません。

次回は問合設定です。

西田育司 京都在住 1962年生まれ
金融機関勤務からIT業界へそして起業、規模を拡大しながら経営をするも急激な業況悪化により会社を清算し過去の経験を活かしつつ私に求められている仕事だけをしています。どんなご相談でもお聞きします。