IKUの昔話(有限会社激動編1)社員が入った!

ITサポートセラピストのIKUです。
有限会社激動編1始まりです。
この回から激動編に移ります。

さて、前回のお話(有限会社編4)めし行こ!
プチ営業では、現場の若手と晩御飯を食べに行く
事でコミュニケーションを図っている話を書きま
した。これはかなり効果があって、チーム内の仕
事も順調に動くようになりました。

現場の若手だけではなく以前勤めていたソフト
開発会社の若手とも交流は続けていて、時には
一緒に飲みに行って愚痴を聞いたりそんな時間は
惜しみなく使っていました。
あるとき同期入社の友人(その時は転職して
有名IT企業にいた)から前の会社で辞めたいって
言ってる若手がいるけど会って話してみたらって
誘ってくれた。こっちは若手社員(スキルあり)
がとてもほしくてとりあえずすぐの会ってこち
らの思いをぶちまけた。

やっぱり熱意って必要!夢物語だけでは人は
付いてこない。現状からどのように成長していくか
を具体的に実感できる話をする事が大事。

彼は九州の国立大出身ですでに一人で現場に
出せるスキルもあり会社の売り上げに直結するので、
何度か会って熱い思いを語ったことを覚えている。
なんと言っても社員1号だから。

やっとのことで正社員として迎えることができた。
このとき事務所があることの大事さも痛感した。
会社が自宅やったら、たぶん採用には至らなかった
と思う。とにかく会社として代表の私と社員と2人
になったわけで、ものすごくやる気になった。

開業当初の事務所(大阪西区)

もらい物のデスクと電話だけ(笑)

西田育司 京都在住 1962年生まれ
金融機関勤務からIT業界へそして起業、規模を拡大しながら経営をするも急激な業況悪化により会社を清算し過去の経験を活かしつつ私に求められている仕事だけをしています。どんなご相談でもお聞きします。