IKUの昔話(起業編2)

ITサポートセラピストのIKUです。

前回の続きです。

友人A氏から「自分でやればいい」って言われてから
起業ってなんだ?そんな事を考えたこともなかったの
でどうしたらいいかわからない。

それ以前に不安がいっぱい
◆会社を辞める(この決断はすごく難しい)
◆再就職して間もないので業界には不慣れ
◆家族がいる生活を維持できるか
◆そもそも何の保証もない
◆体力が持つか(もともと病気がある)
◆何歳までできるのか

こんな悩みの中で、家内の『会社辞めて自分でやるし
かない』の一言で決断したわけです。

すべて吹っ切れたらやることは一つ、まずは会社を円
満退職すること(同じ業界で起業する場合邪魔される
可能性があるし、いずれどこかで絡む可能性がある)

とにかく飛び込むしかなかったが、退職するまでに、
A氏は着々と私がフリーランスとして入れそうな案件
を探していました。(A氏は現場に居ながら営業をし
ていたわけです。)

退職するまでに、入れそうな案件をもっている会社で
面接をします(フリーランスのSEとして使えるか、
スキルはあるのか現場の面接に対応できるか?)

結果、退職日の翌日からフリーランスのSEとして職
を得て個人事業者としての生活が始まります。

◆会社を退職しフリーランスになると何が変わる?
・雇用契約はない(自由になる)
・厚生年金が国民年金になる
・健康保険が国民健康保険になる
・労働保険がない
・失業保険がない
・給与ではなく売上げになる
 (支払いサイトにより入金日が変わる。
 起業の当初は売上がないもしくは入金が遅い
 可能性があるから住宅ローンや支払いに注意する)
・毎年確定申告が必要
 (事前に開業届をだす)
・経費が認められるので領収書は残しておく

思いつくことを並べてみました。
まだいろいろありますが起業当初はやることが多い
ですね。詳しく書いてるわけではないですが、私は
その後法人化もしたので、ほとんど事を経験しまし
た。

この経験が私の宝物になってます。

次回に続く

西田育司 京都在住 1962年生まれ
金融機関勤務からIT業界へそして起業、規模を拡大しながら経営をするも急激な業況悪化により会社を清算し過去の経験を活かしつつ私に求められている仕事だけをしています。どんなご相談でもお聞きします。